プラセンタの成長因子

栄養成分が豊富なことで美容業界で大人気となっているプラセンタですが、実はプラセンタのもつ力はこの栄養成分だけではありません。

プラセンタには成長因子という大きな力が隠されているのです。
成長因子とは特定の細胞の増殖や細胞分裂を促進する内因性のタンパク質のことをいい、細胞増殖因子(グロスファクター)とも呼ばれています。

成長因子は細胞分裂を活発にし、新たな細胞を生み出し、新陳代謝をアップさせる効果をもっているタンパク質です。
肌や体の健康を考えた際、かならず必要だと認識させられるもの。
それが成長因子の働きです。


【美容だけでなく健康面でもプラセンタが注目される理由】

元来プラセンタエキスの美容的な役割として注目されたのは、その胎盤(プラセンタ)自体が持つ栄養成分でした。

ですが、現在では肌表面からだけではなく、身体の内側から生まれ変わることが出来る成長因子の力に、かなりの注目が集められています。
美容のみならず健康にとてもいい影響を与える それがプラセンタの持つ力なのです。


成長因子はもともと自分で作ることができるものですが、10歳ぐらいを境に減少していく傾向にあります。
そして20歳を過ぎると、急激に減少してしまいます。
若いときと比べてキズや皮膚トラブルが治りにくくなるのはこの為です。

ではプラセンタに含まれる成長因子には、どのような種類があるのでしょうか?


【様々な成長因子】

◆繊維芽細胞増殖因子(FGF) コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす。
シワ、たるみを改善する。ニキビ跡の修復、肌の透明感を増す。

◆上皮細胞増殖因子(EGF) 皮膚、角膜、肺、気管などの上皮細胞の増殖をうながす。

◆肝細胞増殖因子(HGF) 肝細胞や諸組織の細胞を増殖。
肝障害の改善し、予防。

◆インシュリン様成長因子(IGF) 軟骨細胞、平滑筋細胞を増殖させる。
関節痛をやわらげる。育毛効果。

◆神経細胞増殖因子(NGF) 知覚・交感細胞などの神経細胞を増殖する。
自律神経、ホルモンバランスを整える。
精神安定、うつ、更年期障害の症状を改善。

◆免疫力を向上させる因子 造血幹細胞などの、免疫力の向上にかかわるさまざまな細胞を増殖。

など、美容のみならず、たくさんの健康、医療的な役割をも果たしているのです。


20歳を境に失われていく成長因子。それが原因で起こる様々な皮膚トラブルや健康トラブル。
こういったものを未然に防ぐためにも、また現在起こしているトラブルを早期に改善するためにもプラセンタの力を借りることは大きな効果を期待できるといって間違いないでしょう。

健康な体にこそ、美しい肌も生まれる。肌表面にばかり、たくさんの化粧品を塗ったところで、健康な体、健康な皮膚をもっていなければ、美しさには手が届きません。ぜひともプラセンタの成長因子の力を借りて、皆様も若かった頃の自分を取り戻してみてください。


TOPページへ戻る→

悩み別記事

商品別記事

プラセンタに関するコラム