プラセンタの副作用

美容、そして健康、様々な悩みを解決してくれるプラセンタ。
「良い事尽くめ」と、思われますが、それだけ効果が高いのであれば逆に副作用はないのでしょうか?

プラセンタサプリを服用して 実際に大きな副作用があったとの報告は現在のところほとんどありません。
ですので、プラセンタの成分は危険性の低い、身体に優しいものであるといえるでしょう。

但し、副作用とは行かないまでもプラセンタによる、体の不調などの報告はあります。
基本的にプラセンタサプリを摂取し始めると、身体の機能が正常に作動するようになります。
それに伴い、生理の周期が乱れたり出血量が増える場合があります、軟便などの症状が起こる事もあるそうです。


【プラセンタを飲むことで起こる、身体の変化】

また、人によっては体重が増えた・太った、蕁麻疹が出た、胸が張る・胸が痛い、体臭がきつくなった、頭痛がする、 体がだるくなる、便秘になった、ニキビができた、夜中に目が覚める、吐き気がするなどの症状を訴える方もいらっしゃいます。

また、妊娠しやすくなるとの報告もありますので、妊娠を望んでいる方であれば、好ましい作用ですが、そうでない方から見たら副作用といえなくもありません。


しかし、これらは体自体が本来の体の働きに戻そうと努力をしているために起こる良い反応でありプラセンタによって代謝が活性化し、体の組織・細胞が元気になって体質が変わりはじめている証拠です。

こういった反応は服用を続けていく中で自然と収まっていきます。
また、なかなか症状が治まらない。症状がひどくてつらい場合はプラセンタの摂取量を調整してみるのが良いでしょう。


但し、ひとつ注意して頂きたいのがアレルギーとの関係です。


【注意しておきたいアレルギー】

健康食品の安全性について調査・研究する「独立法人国立健康・栄養研究所」によると、以下のような事例があげられています。

◆プラセンタエキスを含む健康食品により増悪した成人型アトピー性皮膚炎
◆プラセンタエキスによる接触皮膚炎

こういった報告を考慮した場合100%副作用がないものとする事は出来ません。

プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれているため、食品と同様にアレルギー反応が起こることがあります。アレルギー体質の方は原材料の確認と医師の指導を受けることが重要です。

また、薬剤性肝障害を起こした事例もあるため、持病のある方、ほかの薬の服用などで肝機能が低下している可能性のある方は、必ずお医者様の管理の下で処方してもらうなどの注意が必要です。


あくまでも自分の体調に注意を払って、摂りすぎず、無理をしないでプラセンタサプリを利用していきましょう。
TOPページへ戻る→

悩み別記事

商品別記事

プラセンタに関するコラム